暗闇リトリート  Darkness Retreat

Stilness & Darkness

暗闇の中で過ごす沈黙のリトリート

日常の中で過剰になりがちな、情報・コミュニケーションを一時的に断ち、
森の暗闇と静寂の中で、 いま・この瞬間にある意識に立ち返りましょう。
日暮れ後の森は完全に暗闇に閉ざされます。
夜の虫の音を聴きながら、五感を研ぎ澄ませ、闇の中で自分自身と向き合い、俯瞰する。
夜明けまで完全な沈黙の時を過ごします。

(暗闇の中では松果体からジメチルトリプタミン(DMT)という脳内物質が分泌され、松果体が活性化されると云われています)


  
森の暗闇と静寂に身をゆだねる サイレント&ダーク・デトックス

携帯やスマートフォンから一時的に”繋がり”を断つ デジタル・デトックス

絶え間ないコミュニケーションから自身を解放する コミュニケーション・デトックス





●スケジュール
1日目の集合は16:00に集合。(*集合場所はお申込み後にご案内いたします)
全員集合したら自己紹介や山小屋の設備、リトリートの説明などのガイダンスを行ないます。
そして、山小屋に到着後、いよいよ静寂の世界へ。日没後の森は完全に暗闇に閉ざされます。翌朝に掛けて暗闇の中で誰とも話さず完全な沈黙の時間を過ごします。携帯やスマホの電源は切りましょう。
翌朝、森の中のサイレントウォーク。たどり着いた古民家で朝食を頂きながら、森の植物や鳥たちと呼吸を合わせ自然と調和したひと時を過ごしましょう。
11:00にリトリートは終了となります。終了後、ご希望の方には温泉施設「白寿の湯」へご案内します。温泉とランチをご堪能ください(各自ご精算)。15時~16時に解散となります。

●食事について
お食事は翌朝の朝食のみです。1日目の夕食はありません。お食事は集合時間前までにお済ませください。
デトックスを有効的に促すため、慣れている方は断食や半断食もお勧めです。

●宿泊場所について
標高800メートルの山奥の山小屋です。個室はなく相部屋となります。
電気は通っておらず照明や電源は使えません。携帯電話の電波やWiFiは入らない場所です。

●持ち物
・動きやすい服・暖かい上着・歩きやすい靴
・シーツ、タオル、歯ブラシなどの洗面具
・必要な方は虫除けや痒み止め等




詳しくはお問い合わせください。
イベント主催者様、または white@shikanoko.netまで。


◆ 宿泊施設に関してはこちらをご覧ください。


●"いま"に立ち戻るポイント


過去や未来のこと、雑念が浮かんできたら呼吸に意識を集中してみましょう。
"いま・このとき"に集中するために以下のようなことが有効です。

呼吸を意識する
目を閉じる
森を歩く
風や鳥の声に耳を意識を向ける
空を見上げ移りゆく雲を眺める
星を見る
湧き水を味わいながら飲む

※森のなかでは、天候の変化や動物との遭遇などで思わぬハプニングが起きる可能性もあります。
 安全管理につきましては、自己責任を持つことができる方に参加いただくことをお勧めいたします。